スタッフ ブログ

九州最大級の木造三階建て

2019年7月2日@17:31 カテゴリー スタッフダイアリー

門司港を代表する高級料亭「三宣楼」に行きました。

昭和6年に新築をされ歴史的な建造物なのに解体や売却の危機にさらされました。

場所がいいので解体されたらマンションが建っていたでしょうね。

地元の有志の達により保存活動がなされ北九州市に寄贈されました。

平成24年保存修理工事に着手され平成26年から一般公開されお食事が出来る

施設になりました

ここは2階の百畳間。この広さを途中に柱を入れずにどうやって支えているのだろう?

木造建築なのに。

百畳間の中にある舞台。ここで能楽等の芸能が披露されていました。

その昔 海賊と呼ばれた男 出光興産創業者の出光佐三氏が訪れています。

三階の俳句の部屋。高浜虚子や杉田久女等の俳人が訪れていました。

この部屋の前室にはこのような丸窓があります。

三階はガイドさんが同行して頂ければ上がれるそうです。

廊下の窓からは門司港駅が見下ろせます。

1階のお部屋でふぐ料理をいただきました。予約制です。

デートコースにはいいかも知れません。意外性が有っておいしくて株が上がるかも。

新しい北九州市の発見も出来ます。

注:駐車場は近隣です。門司港駅からは徒歩10分くらい

 

小さな復興支援

2019年6月5日@18:15 カテゴリー スタッフダイアリー

お休みを使って朝倉の温泉に行きました。原鶴温泉の泰泉閣です。

チェックインまでかなり時間があったので近くを見物しに行きました。

秋月城址が近そうに思えたので行くことにしました。

素敵な所とは聞いていたのですが、まだ行ったことはありませんでした。

途中に通行規制のある所もあり「見えない所ではまだ復興の途中なんだ」と。

秋月城址も人が少なくこれも災害の影響かなと。

登ろうとしましたが、娘が「お腹がすいた」と言い出し急遽、お昼ご飯屋さん探しに。

地図を見てカフェに行き着くと店休日、食堂も休み。もうペコペコで歩き回り

なぜ秋月でピザなのと言いながらピザ屋さんへ。

秋月城址の入り口を超え、上へ上がる。おしゃれな家を見つけて「これだ!」と

思ったが民家だった。お洒落な飲食店の雰囲気だったのに。

文句を言いながらまだ上に、「もしかしてここ?」駐車場もありました。

車で来れば良かったともんくたらたら。

小さなお店でテーブルが2つ、カウンターテーブル(2~3人用)が1つ。

カウンターに座って自家製チーズのマルガリータを頼みました。

夜にがっつり食べる為に昼は抑え目にと言う事で半分こするつもりだったのに。

かなり食べられてしまいました。おいしかった~。

もう一枚頼むかどうか悩むほどおいしかった。

お店は「なかむら」さん。こんな感じではピザ屋さんには見えないよね。

秋月に行かれた時には行ってみてください。本当においしかった。

 

空き家に注意!

2019年4月16日@17:24 カテゴリー スタッフダイアリー

だんだん暖かくなってくると色々な物が出てきます。

不動産業をやっていると空き家の販売だったり、管理だったり、案内だったり

お家の敷地内に入ることが多いです。

最近、お隣の方から呼ばれて行くと「黒い虫が庭からぞろぞろこちら(お隣のお家)にやってくる。どうにかしてください。」

白い塀には黒い粒々が、よく見ると虫でした。

マダニかと思って駆除してもらいましたが、アブラムシでした。

よく似ているんです。アブラムシがあんなに大きいなんて思いませんでした。

ゴマ粒くらいからもう少し大きいのまでいました。たくさん居すぎて気持ちが悪い

感じでした。

ありと比べればこんな感じ、形はダニとよく似ていて色は黒だったので慌ててしまいました。ちなみにマダニはこんな感じです。これも草むらにいます。噛まれると化膿したり、ひどい時には亡くなる事もあります。

別の空き家では、ハチが激しく音を立てて飛んでいました。もしかしたら巣を作るのかな。昔床下の換気口からたくさんのミツバチが出入りする空き家を見た事があります。

スズメバチも空き家に巣を作ります。草を刈ろうとしたら、カチカチと音がして前を見たらスズメバチが威嚇してきました。雨戸の戸袋の中に巣を作っていました。

所有者の方と相談して蜂の駆除業者の方を頼み、巣になりそうな植栽を伐採しました。

春から秋くらいまで草も茂りますが、色々な虫がわいてきます。ご近所にご迷惑をかけることもありますので、所有者の方は見回りや駆除、草刈などこまめにメンテナンス

してください。誰もいないので空き家は虫がつきやすいです。ご近所の方に被害が及ばないようしましょう。将来そこに住むにしても売るにしてもご近所付き合いは大事です。

(ちなみにこの写真が駆除する前の雨の後の壁の写真、黒い粒がアブラムシです。)

 

綺麗なお辞儀

2019年3月14日@17:49 カテゴリー スタッフダイアリー

昨日子供を迎えに行くとき、レクサスのショールームの前を通りかかりました。

お客様の車を送り出そうとしている営業の女性が往来の車が途切れるのを

待っていました。夕方で車の量も多くてなかなか誘導が出来ないようでした。

私は前方の信号が赤になったので車が入れるように停まりました。

車の運転者の方が会釈をしてくれたのはもちろんですが、

営業の女性は、車を送り出してすぐにこちらを向き直り丁寧に

お辞儀をしてくださいました。

そのお辞儀が両手をひざの所まで持ってくるような深々としたものでした。

後で「手を組んでいなかった」と思い調べてみると

まさにこんな感じのお辞儀でした。優雅で綺麗な動作のお辞儀でした。

お辞儀に感動した日でした。

フラワーレッスン

2019年2月21日@16:24 カテゴリー スタッフダイアリー

2月20日水曜日

春になり何か習い事でもしたいと思いブリザードフラワーの体験の募集があったので

参加してみました。

お花をするのは何年ぶりだろう。

独身のころ生花での生け花を習いましたが、

教室から家に持って帰り活け直すとなんだか別の物になったような腕前でした。

ブリザートの体験が2人、フラワーアレンジの人が1人で計3人の参加でした。

優しく教えて頂いて、「自分の好きにしていいよ」と言われても

どう好きにしていいのか?

バラの花とアジサイと葉っぱの3種類。

大雑把にアジサイを塊で使ったため隙間や空地が出来てしまいました。

「先生は初めてにしてはよく出来ていますよ。」と慰めてくれましたが・・・

主役のバラがアジサイの中に埋まってしまい前から見るとこんな感じですが、

後ろから見ると

こんな感じ。トホホオ。

家に帰り出来るだけアジサイを小さい塊に変えやり直してみました。

 

後ろから見ると

アジサイの花が分離したりしましたので更に少なくなりましたが、

難しい!

今年度の挑戦は別の物を探してみます。

 

 

ありがとう∞

2019年1月31日@17:07 カテゴリー スタッフダイアリー

五十ウン歳の誕生日です。

スタッフからお祝いしてもらいました。

「55歳かと思ってました!」

ありがとう∞ ありがとう

今年もがんばります。

第一生命さんお花ありがとうございました。

水晶(にゃんずと暮らそうプロジェクト)

2018年7月17日@14:26 カテゴリー スタッフダイアリー

少しずつですが進んでいきつつある、にゃんずプロジェクト。

 

現在、土地がほぼ確定しました。

 

面積212.39㎡(64.2坪)、第一種低層住居専用地域。

建ぺい率40%、容積率60%、高さ制限10m、外壁後退1m。

 

これだけでわかる方もおられるでしょうけど、

わからない方のために説明を。

 

それぞれの土地に建物を建てようとする時、それぞれの市町村等の

都市計画というのがあって、なんでも自由に建ててよい、というわけではないのです。

この都市計画に沿って建てないといけません。

 

建ぺい率というのは、その土地にどれだけの割合で建物の敷地をとってもよいか、という意味です。

 

建ぺい率40%ということは、64.2坪に対して40%の25.68坪までは建物の敷地を

とってもよいですよ、という意味です。

一方、容積率というのは建物全体の面積(延面積)が土地に対してどのくらいの割合であるか、ということです。

64.2坪の60%で38.52坪。

 

つまり2階建て以上の建物全体で35.52坪、平屋建てなら25.68坪のお家が建てられる地域ということですね。

そして、まだあります。

高さ制限があるので10mを超える建物はだめです。

外壁後退というのは、お隣との境界から外壁までの距離を1m以上離さないとだめですよー、という意味です。

 

 

さて、水晶のさざれ石が25kg届きました。

もちろんこれは一部ですが、空間が浄化されたらいいなーと、机の上に置いてみました。

 

この25kgのさざれ石もにゃんずプロジェクトのうちです。

この水晶のさざれ石、何に使うかは乞うご期待です♪

 

 

1 / 11

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
↑上に戻る